とある商社マンの日常

商社マン6年生のtitorが会社員生活を綴る

すべての始まりの日

Introductionにも書きましたが、

ここからは社会人としての私の実体験を物語にして書いて行こうと思います。

つまらない物語ですが、気晴らしや暇つぶし、一部でも参考になればと思います。

それでは、お楽しみください。

 

2012.7.12 始まりの日

会社説明会兼入社試験に来ていた。

元々社交的な性格からか、友人の勧めでとりあえず商社にエントリーした。

(実際は、形式上就活をしていないと親も色々とうるさいし、そろそろ活動しないと完全に就職できない。)

そんな葛藤からだった。

 

俺は倫太郎、24歳、大学4年、絶賛就職活動中(形式上...だ)

好きなことは、人生観や哲学について熱く語り合うことだ。

周りが大手企業のエントリーや自己分析を行う中、俺は単位の取得とアルバイト。

やりたいことは特にない。

特技と言えば、大学生活の大半を費やし、海外へ1年飛び出して身につけた英語くらいだ(それも思い通りにポンポン話せるレベルではない。)

強いて言えば、英語を使う仕事ならなんでもいい。

「就職活動=そんなもん」だと思っていた。

海外生活で積極的に人との交流を図り、仕事を見つけ自分の力で生活をしてきた。

(日本に帰った俺は遥かにパワーアップしたはずだった・・・)

 

面接官「はい、それでは時間になりましたので、筆記用具を置いてください」

(色んな意味で終わった・・・)

 

筆記試験を終え、机の消しゴムのカスを丁寧に集める。

(そう、これが俺の試験官へのアピールだ。試験の点数はこれで加点だ。)

ついでに隣の机も綺麗にし椅子まで揃えて、最後に挨拶をして出る。

(これで合格だ。だぶん)

 

「本日は有難う御座いました。」

「お疲れ様でした。机綺麗にしてくれて有難う。今時珍しい子だね」

(ほれみろ、作戦通りこれで加点だ。)

試験官は続けた。

「テストの点には加えられないけど、最近こういうこと気にする子が少ないんだよな〜

次の面接で会えたら色々話せたらいいね」

(こいつできる・・・さすが受験者を多く見てきただけある・・・完全に読まれている。だが、加点は加点だ。)

くそ暑い中、ジャケット羽織りできる男のように襟を整え、会釈をしてから駅に向かった。

「やっと終わった〜」

朝から夕方まで説明会でちょっと疲れていた。

「あっ!試験官の名前聞くの忘れた。」

(絶対説明会の時に自己紹介があったはずだが・・・)

こういう抜けたところも俺のチャーミングポイントだ。

「ただいま〜」

しっかり就活してきた感を出して帰宅した。

筆記試験の感触を簡単に両親に報告。(できる男は報告もするのさ)

毎晩日課のアニメを3話ほど処理して、その日を終えた。

 

 

 

1週間後、面接の案内が届いた。

(やっと1社まともに面接まで進めたことに歓喜したが、面接の本を買いに行かねばとも思った。)

そう、すべて付け焼刃だ。(分かっている。これが理想的な就活生だ。)

 

次回、「面接の日」