とある商社マンの日常

商社マン6年生のtitorが会社員生活を綴る

面接当日

あらすじ 商社の面接を受けるため、父タケシに相談した倫太郎。結果的にアドバイスと精神的な安定の両方をもらい、面接に挑む。 2012.7. 24 面接当日 萎える暑さの中、スーツに白シャツ、紺色ネクタイと無難な服装で駅に向かって歩く。 正直不安しかない。 …

面接の日(準備その2)

あらすじ 面接の準備を付けを進める倫太郎。 書籍やネットの力を拝借するも圧倒的経験不足を実感。可能な限り実践に近い訓練のため父に相談することを決意。 2012.7.15日 面接の日 「やはり父の力が必要か!」 この男、タケシ。 お節介で頼られることを生き…

面接の日(準備)

前回までのあらすじ 理想的な就活生、倫太郎は、友人に勧められるがまま商社へエントリー。 説明会兼筆記試験を終え、1週間後面接の案内を受けとった。 面接に向け、付け焼き刃の訓練と浅はかな戦略を立てていく。 2012.7.25 面接の日 今日は2012年7月20日…

すべての始まりの日

Introductionにも書きましたが、 ここからは社会人としての私の実体験を物語にして書いて行こうと思います。 つまらない物語ですが、気晴らしや暇つぶし、一部でも参考になればと思います。 それでは、お楽しみください。 2012.7.12 始まりの日 会社説明会兼…

Introduction

2019年現在、商社マンとして6年目を迎えます。 これから書くことは、過去の自分の社会人経験 入社当初は期待と不安を抱き、会社に向かい気がつけば6年の月日が経過しました。 6年が経過し、最近よく感じることは、 ”仕事が楽しく、やりがいを感じて仕事をし…